【デートの誘い方】城咲仁のモテる男養成講座『今からモテにいくぞ!』今モテ2/メール編

【デートの誘い方】城咲仁のモテる男養成講座『今からモテにいくぞ!』今モテ2/メール編

 

僕は現在タレントとして活動していますが、以前はNO.1ホストと言われてました。

 

確かに、当時の歌舞伎町で僕の右に出る人はいなかったと思います。

 

 

僕がホスト時代に一番駆使したのが、メールでした。

 

なにせ、メールして女の子にお店に来てもらわなくてはならないからです。

 

どうすれば、メールをするだけで僕に会いたくなるのか?
どんな誘い方をすればドキドキしてくれるのか?

 

いつもいつも、研究を重ねてきました。

 

で、気づいたらメールとか電話で、かなり女の子をその気にさせられるようになってました。

 

今では、芸能界にデビューし、モデルさんやタレントさんとも
メールできるような立場になりましたが、それこそ、最初は右も左も分かりません。

 

街でキャッチして、連絡先を聞いて、そこから何とか来てもらうように
メールしたり電話しなくてはなりません。

 

来る日も来る日も、その連続でしたが、おかげで5年連続NO.1ホストという
肩書きも頂き、デビューもしました。

 

だから、もしあなたが

 

「どのタイミングでメールを送れば良いのか分からない」
「アドレスは聞いたものの、デートに繋がらない」
「なぜか他の男に持っていかれてる・・・」

 

と思っているのであれば、僕は誰よりもその気持ちを理解できます。

 

なぜって、あなたと同じところで失敗して、這い上がってきたからです。
メールはとても便利なツールです。

 

うまく使えば、女性をじゃんじゃんデートに誘うこともできるでしょう。

 

でも、うまくいかなければ、永遠に音信不通になってしまいます。

 

なのでメールが苦手だとか、嫌いという男性も多いですよね。

 

そもそも、何を書いたら女性のツボに入るのかも分からないという方も多いです。

 

そこで、今回は僕のこれまでの経験から学んだ、
メールのやり取りからスタートして、デートに誘い出すノウハウをお伝えします。

 

きっと今のあなたにダイレクトに役立つ内容ですので、ぜひ参考にしてください。

 

これを読めばきっと、あなたも女の子を デートに誘える ようになります。
しかも、1ヶ月以内にです。

 


あなたは、女の子からメールアドレスを聞いたなら、
1回目にどんなメールを送りますか?

 

どんなタイミングで送りますか?

 

 

一つでも当てはまる人、要注意です。

 

こんなメールでは先に進みません。

 

返信は来るかもしれませんね。最初の1通は。

 

でも、デートに誘いたい女の子なら、もっと1回目のメールにこだわるべき です。

 

1回目のメールで重要なのは

 

女の子に安心してもらうことです。

 

想像してみてください。

 

これから、あなたとメールのやり取りを重ねて、デートにOKをしてもらうんです。

 

それなら

 

・この人ならメールしてて大丈夫そう
・あ、あの人ね!それなら返事をしておこう
・また遊びたいな

 

こんなふうに思ってもらう必要があります。
そこから逆算してみると、1回目のメールはとても重要なんです。

 

「軽くメールだけしておこう」では 先に進まないんです。

 

 

「メールが苦手」
「何を書けば良いか分からない。」

 

大丈夫です!

 

無理して面白いことを書こうとしなくても良いんです。
先ほどお伝えしたように、重要なのは 女性がが「この人となら・・・」って安心して
メールのやり取りをしてくれることなんです。

 

例えば、ここにすごく 美味しい桃 があります。
あなたは 知らないおじさん に桃を勧められました。「甘くて美味しいよ〜」って。
でも、知らないおじさんですから、素直に受け取れませんよね。
じゃ、同じ桃を今度は 母親 に勧められました。「甘くて美味しいわよ」って。
おそらく今度は「美味しそう!」と食べると思うんです。

 

同じように女の子も、
よく知らなくて何だか分からない人 とメールのやり取りをしたくありません。
どんなに好きと言われても、デートに誘われても、褒められても、
一歩引いて対応しています。

 

この一歩引いた感じを取り除きさえすれば、
もう素直にあなたの好きという言葉も、デートの誘いも、褒め言葉も
ストレートに心に響き始めます。

 

でも、ここの引いた感じを取っ払うのが
うまく行かないために前に進まない男性が多いんです。

 

ただ、この部分を取っ払って 女の子と距離を縮めることはとても簡単なんです。

 

それから、女の子にスマートなメールを送る方法があります。

 

あなたがメールを送るのは、どんなシチュエーションですか?

 

みんな口を揃えて言うのは、 『自宅で』 『しっかり考えて』 『時間をかけて』
メールを送っているってこと

 

実は、これが全く逆効果。

 

良いメールを送りたいなら 『外で』 『ノリで』 『すぐに』 送りましょう。

 

部屋で送るなら、“あること” をしながら送ってみてください。
女の子が楽しんで返信をくれるメールが送れるはずです。

 

 

あなたは、どんなメールなら女の子が返事をすると思いますか?

 

僕がこの質問を、男連中にしたら、こんな意見でした。

 

・面白いメールなら返事が来るんじゃない?
・ちょっと焦らしておいてメールを送れば良いんじゃない?
・褒めたり、チョイチョイ好きっぽいなと思う事を書けば良いんじゃない?
・質問を入れたら返事が来るんじゃない?

 

男性はこんなことを考えながらメールを送っているようです。

 

しかし、同じように 「どんなメールなら返事をしますか?」 と女性に聞いてみました。

 

すると・・・

 

どうやら上のメールは全てタブーのようなのです。

 

「面白いメールは確かに返事をするけど、友達止まりになる」
「焦らすとか意味分かんない。メールが来ないならそれまで」
「好意があれば嬉しいけど、最初から全力で来られると引く」
「質問が来るのは、正直、面倒でしかない」

 

驚くことに、

 

男性が良いと思うメールが、女性の理想ではないのです。
「じゃ、どんなメールを書けば良いんだ!?」
と思う方もいるでしょう。

 

そうなんです。

 

よくよく考えてみると、この部分が分からず何となくメールを送ってるから
デートにつながらなかったり、だんだんフェードアウトされてしまうんです。

 

あなたは、メールが下手なわけでもなく、苦手なわけでもないんです。

 

方法さえ知れば、今のように考えなくてももっと簡単に女の子が喜ぶメールを
書くこともできますし、当然そこからデートに誘い出すことだって簡単なんです。
ちゃんとメールを送るルールを知っていれば、面白いほど女の子からノリノリの
メールが送られてきて、1ヶ月以内にデートに誘うことができるでしょう。

 

 

よく考えてみてください。

 

メールはとても簡単なんです。
なぜなら、書いたり消したり出来るからです。

 

会話となると、言ってしまったことを“クリアボタン”で消去することはできません。

 

でも、メールは何度でも書き直せます。
だから、僕のルールに従ってゆっくり書くことができるんです。

 

それだけじゃありません。

 

メールで盛り上がっていれば、電話をしても必ず盛り上がります。

 

もしこれまであなたが 電話だと盛り上がらない・・・と思っていたなら
それは、単純にメールから電話の流れがうまくいってなかったからでしょう。

 

ですから、今回は僕のメールのやり取りからデートに誘い出すまでを
かなり実践レベルで包み隠さず公開します。

 

僕のデートに誘い出すまでの黄金の法則は、こんな内容です。

 

 

【デートの誘い方】城咲仁のモテる男養成講座『今からモテにいくぞ!』今モテ2/メール編

 

 

 

 

 

 

無料レポートプレゼント!!

メールアドレスをご入力ください



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 商品説明 特典・価格 よくある質問 お支払いについて